30代のスキンケア入門

肌は内臓の鏡


若々しい素肌でいるために、基礎化粧品でしっかりうるおいを補給してお手入れに余念のない方は多いと思います。

でも、少し気を抜いてしまうとすぐに吹き出物や肌荒れが起きてしまって、なかなかコンディションを保つのが難しいと感じている方も少なくないと思います。

 

いつまでも健康なお肌で、若さを保つ為にはいろいろとケアしていくことは大切ですが、
やはり、食生活や睡眠、ストレスなど日常生活における身体の健康を考えることも必要でしょう。

また、もっと言えば気持ちの面でも前向きにポジティブシンキングを心がけることも大切です。

病は気からとも言われるように、気持ちが沈んでいると表情だって暗くなるし、うつむきがちになってしまいます。

気持ちが明るく前向きな人は、内面から浮き出るパワーが周りの人にも伝わるものです。

前向きな気持ちを支える上でも、健康な食生活や十分な睡眠、そしてストレスの多い現代社会ですから、ストレスのない生活というのは難しいですから、適度にストレスを発散していくことも美と健康には必要でしょう。

食生活は、油や塩分は控えるのはもちろんバランスの良い食事は基本ですが、
ダイエットの為に肉を全く食べないとか、食事を無理に制限するのも良くありません。

中には、手軽でカロリーが低そうだからとパンで済ませる方もいらっしゃいますが、和食のほうが低カロリーで血糖値も上がりにくく美容に適しているとも言われています。

 

便秘が肌荒れを引き起こす一因になることは有名な話だと思います。
寝不足だったり胃腸に負担がかかって、肌トラブルを引き起こしたり、
ストレスが円形脱毛症を引き起こしたりするケースがあるように、

お肌は内臓を映し出す鏡といわれますから、スキンケアはやはりトータルで健康を考えていく必要があるでしょう。

食生活、睡眠、ストレス、喫煙、運動、、、
お肌の為。若々しくいるためといって、今までおろそかにしてきた部分を全て見直して健康的な生活へ改めるといっても、中々簡単なことではありません。

しかし、少しずつ出来ることから、無理のない範囲で徐々に見直していくことで、
一つひとつが習慣化していくことが出来れば、美しい素肌を手に入れてキープしていくことにも、基礎化粧品にばかり頼る必要はなくなることでしょう。

生活サイクルや生活環境、ご自身の習慣に思い当たる節があれば、少しずつ見直してみては如何でしょう。


カテゴリー:お手入れ

タグ:

↓↓ ご意見・ご感想は以下コメント欄よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。