30代のスキンケア入門

お手入れ の記事一覧

女性ホルモンを増やす。ホルモンバランスを整える

<更新日時> 08月12日(金) 17:54

歳を取りたくない。せめて肌だけはということでスキンケアは欠かす事の出来ないことですが、女性が女性らしくあるためにはホルモンバランスを整えることも大事。

女性ホルモンは年齢とともに減少していき、老化とも深く関わっています。
食生活はもちろん、睡眠不足やストレスなどもホルモンバランスを乱す原因になることは知られています。

女性ホルモンを整えるには正しい食生活や睡眠といった規則正しい生活を送ることが求められるわけですが、なにかと忙しく十分な睡眠をとる事や、毎日決まった食事のサイクル。そしてバランスよい食生活を送ることはなかなか難しいものです。

前置きが少々長くなりましたが、ここからが本題。

イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあります。
中でも大豆イソフラボンは食生活に取り入れやすいです。

納豆や豆腐。醤油も大豆ですが、醤油を積極的に摂るにはほかのリスクも心配ですが、豆腐や納豆は健康にも良いですよね。

大豆イソフラボンには不足しがちな女性ホルモンを育むのに良い効果が期待できます。大豆食品は他にもあります。
枝豆やもやしもそうです。またきな粉や味噌、豆乳、厚揚げ、油揚げなんかもそうです。

毎日1品取り入れるだけでも割と簡単ですし、カロリーもそれほど高くないので美容と健康に良い食品と言えます。

 

真夏のスキンケア

<更新日時> 08月02日(土) 21:01

夏は日差しが気になります。

日差しは数年後のシミ予備軍ですから、紫外線対策は欠かせませんね。

しかし、紫外線は夏だけでなく、ましてや晴れの日だけでなく年中浴びているものですから、

目に見えたときだけでなく長時間浴びるときはUVケアは忘れないようにしましょう。

 

また、暑い日は汗ばんでベタベタするから洗顔もいつも以上にサッパリしたくなりますけど、皮脂や油分の取り過ぎは禁物。

皮脂や油分はバリアの役割もしています。

敏感肌予防のためにも洗顔料を使った洗顔は朝晩の2回だけにして、それ以外に洗顔したいときは水洗いにするか、化粧水を含ませたコットンでサッと拭くだけでもサッパリ出来ます。

 

紫外線対策で日焼け止めクリームなんかを塗るのと同じように、皮膚表面の皮脂や油分も同じように肌を守る働きをしてくれていますから、洗ってカサカサになるような洗顔は避けるようにしましょう。

夏でも冬でもスキンケアは基本的に適度に同じように、ただ、うるおいが逃げている感覚があれば保湿だけはいつも以上にしていきましょう。

保湿は、ターンオーバーを促進する効果も期待できますから、これもシミやくすみ対策になりますし、乾燥ジワの予防にもなります。

基礎化粧品に頼りすぎてませんか?食や運動、睡眠と老化の関係

<更新日時> 04月03日(木) 01:34

毎日基礎化粧品によるケアを続けているのに、思ったほど効果が得られ無いという事もあるでしょう。
その場合ではその基礎化粧品が合わないと感じ、色々と変える方も出てきます。
しかし、高級な商品を選べば肌質が変わるとは限らず、肌に良い総合的な体のケアが必要となってくるのです。
肌にとって大切な事は、食事・運動・睡眠の3つの管理で、それに加えてストレスを取り除く事も考えなければ、スキンケアをいくら頑張っても肌が改善しない状況が出てしまいます。
まずは美肌のためにはバランスが大事で、基礎化粧品だけに頼り過ぎないようにしましょう。

1つ目の食事はバランスよく色々なメニューを取り入れてみて下さい。
肌に良いと言われる特定の食品だけをずっと食べ続けるのではなく、1日に30品目を摂る様心掛けましょう。
肌に必要な栄養素はビタミン、ミネラル、たんぱく質など色々なものが関係しており、1つの食品だけでは補う事が出来ないのです。

次に運動ですが、ウォーキングやストレッチなど毎日続けやすいものがおススメです。
運動する事で代謝が上がり、肌の新陳代謝が良くなって若々しい細胞に生まれ変わったり、成長ホルモンが分泌する事で細胞一つ一つの傷が修復されます。
また、運動はストレス発散にもつながり、体のサビを防ぐ事ができます。

最後に睡眠ですが、寝ているときに成長ホルモンが多く分泌しており、細胞の傷を修復しているのです。
特に夜10時~夜中の2時位までは熟睡するよう心掛けてみて下さい。
しかし、この時間帯に睡眠が取れなくても、寝た直後に深い眠りにつければこれと同じ効果が得られます。

男性と女性の肌の違いから見る男性のスキンケアとは

<更新日時> 01月09日(木) 22:51

男性化粧品が年々増えていますね。

男性用のエステもすっかり定着した感があります。
若い方は、比較的美意識の高い方が増えているようですが、
年齢を重ねた方は、「男がスキンケアなんて」と思う方もまだ多いのではないでしょうか。

シワやたるみは歳を重ねた年輪という事で、貫録が増したと捉える事も出来ます。

しかし、いくつになっても若々しいというのは、活力や元気も感じますし、そして何より他人に対する印象も良いです。

スキンケアと一口に言っても、まだまだ一般に馴染のない男性のスキンケアどういうケアを行えば良いのか。

まずは女性と男性の素肌の違いについてお伝えすると女性に比べ男性の皮脂量は3倍くらいと言われています。
そして、女性は20~30代をピークに皮脂量が徐々に低下していきますが、男性は10代から50代位まで皮脂量が一定に分泌されるそうです。

しかし、水分量は女性よりも少ない傾向にあります。

なので、「脂ぎっているのにシワが深い」

という現象が起こる訳です。

肌の水分量が低下すると乾燥します。
乾燥はシワやたるみの原因になります。
保湿ケアをすることで、肌にうるおいを与えハリやツヤを取り戻す効果が期待でシワやたるみの予防にも繋がりますので、皮脂が多いけど水分が少ない
この事を踏まえたスキンケアを心がけると良いでしょう。

男性のスキンケアも、基本は女性と同じ
洗顔はしっかりと行って、保湿も入念に行う。
まずこの2点が大切です。

老化しないためのスキンケアのポイントとは

<更新日時> 12月02日(月) 04:12

老化しないためのスキンケアのポイントをご存知ですか?

シワやたるみの予防とか、アンチエイジングに特化した基礎化粧品はいろいろと販売されています。

 

あまり色々種類がありすぎてどれを選べばよいのかわからない!って感じている方や
あれもこれも気になりだして、気づいたら沢山の種類を使っていて、結局どれが良いのかわからない!
って感じている方も少なくないはず。

私は、結構色々なところでスキンケアのポイントを聞いたり、
また、ネットや雑誌やテレビでも結構美容関連の専門家の話は色々と収集しています。

私自身も肌が弱い、というか乾燥肌なので色々と試しましたが、
やっぱり、基本は洗顔と保湿です。

 

そもそも、スキンケアの基本って、

  1. 洗顔
  2. 保湿
  3. UVケア(紫外線対策)

だったりします。

 

基礎化粧品って予防の為のものだから、肌荒れが酷かったりトラブルが悪化した際は、
皮膚科を受診したほうが良いわけで、スキンケアは日々の食生活や睡眠同様に、健康的な肌を保つ為のものと考えなければいけませんよね。

お肌にはうるおいを与えることが大切で、十分なうるおいを与える事で代謝の促進にも繋がります。

また、角質層にうるおいを与え、それをキープする為には皮脂や油分が必要です。

だから、洗顔で洗い過ぎると皮脂や油分を取り過ぎてしまい、乾燥しやすい状態に陥ってしまいます。
もしかすると、自分は乾燥肌とか混合肌って思っている方でも、クレンジングや洗顔石鹸が原因となって引き起こしているのかもしれません。

皮脂は古くなったものは取り去らなければいけませんが、まだ必要なものまで取り除いてもいけません。

また、洗顔後の保湿も肌に良い上質なものを使いたいところです。
化粧水や美容液を塗っておしまいにしているなら、油分が足りないかもしれませんね。

水分を補給して、その水分が蒸発しないように最後は油分でフタをしてあげることが大切です。
乳液なのかクリームなのか、正しい順番で使うことが大切ですね。

もしも、簡単に済ませるんなら、いまならオールインワンゲルもいいかも知れませんね。
本来順番に塗っていく必要のある基礎化粧品が一つにまとめたものですからね。

 

あと、最後にUVケアです。

人間、太陽の日差しを適度に浴びることは大切です。
ただ、紫外線は肌を乾燥させるそうですし、シミの原因になることは有名な話ですよね。

真夏の目に見えて日差しがきつい時は、日焼け止めする方も多いと思いますが、
紫外線は夏だけでないし、また曇りの日でも雨の日でも浴びているそうですから、
美白に気を使っている方は大切ですね。

 

とにかく、潤った状態でいることが、アンチエイジングのポイントですが、
この3つのポイントに着目すると、無駄にお金や手間を掛けなくても効果的なお手入れができると思いますよ。

肌は内臓の鏡

<更新日時> 11月25日(月) 04:00

若々しい素肌でいるために、基礎化粧品でしっかりうるおいを補給してお手入れに余念のない方は多いと思います。

でも、少し気を抜いてしまうとすぐに吹き出物や肌荒れが起きてしまって、なかなかコンディションを保つのが難しいと感じている方も少なくないと思います。

 

いつまでも健康なお肌で、若さを保つ為にはいろいろとケアしていくことは大切ですが、
やはり、食生活や睡眠、ストレスなど日常生活における身体の健康を考えることも必要でしょう。

また、もっと言えば気持ちの面でも前向きにポジティブシンキングを心がけることも大切です。

病は気からとも言われるように、気持ちが沈んでいると表情だって暗くなるし、うつむきがちになってしまいます。

気持ちが明るく前向きな人は、内面から浮き出るパワーが周りの人にも伝わるものです。

前向きな気持ちを支える上でも、健康な食生活や十分な睡眠、そしてストレスの多い現代社会ですから、ストレスのない生活というのは難しいですから、適度にストレスを発散していくことも美と健康には必要でしょう。

食生活は、油や塩分は控えるのはもちろんバランスの良い食事は基本ですが、
ダイエットの為に肉を全く食べないとか、食事を無理に制限するのも良くありません。

中には、手軽でカロリーが低そうだからとパンで済ませる方もいらっしゃいますが、和食のほうが低カロリーで血糖値も上がりにくく美容に適しているとも言われています。

 

便秘が肌荒れを引き起こす一因になることは有名な話だと思います。
寝不足だったり胃腸に負担がかかって、肌トラブルを引き起こしたり、
ストレスが円形脱毛症を引き起こしたりするケースがあるように、

お肌は内臓を映し出す鏡といわれますから、スキンケアはやはりトータルで健康を考えていく必要があるでしょう。

食生活、睡眠、ストレス、喫煙、運動、、、
お肌の為。若々しくいるためといって、今までおろそかにしてきた部分を全て見直して健康的な生活へ改めるといっても、中々簡単なことではありません。

しかし、少しずつ出来ることから、無理のない範囲で徐々に見直していくことで、
一つひとつが習慣化していくことが出来れば、美しい素肌を手に入れてキープしていくことにも、基礎化粧品にばかり頼る必要はなくなることでしょう。

生活サイクルや生活環境、ご自身の習慣に思い当たる節があれば、少しずつ見直してみては如何でしょう。