30代のスキンケア入門

洗顔の基本


洗顔をどういう風にとらえていますか?

メイクを落とすならクレンジングを使うでしょうし、朝起きたら洗顔石鹸で顔を洗うでしょう。

クレンジングや洗顔石鹸はスキンケアを考えたときに重要なアイテムになります。

それらの洗顔料を選ぶ際にどういったポイントを重視して選んでいるでしょうか。

 

テレビや雑誌で、好きなモデルや芸能人が広告塔になっているからとか、
有名なメーカーだからとか、安いからとかで選んでいませんか?

 

洗顔料は何を使っても変わらないし、違いなんて全然わからない!
という方もいます。

そういう方は、もともと肌の強い方で肌荒れなんかで悩まされることも少ないでしょう。

しかし、乾燥肌の方や敏感肌の方は、化粧水や美容液やクリームなど洗顔後の保湿ケアに気を使う前に
洗顔料を見直してみることがおすすめです。

洗顔は、メイクや油汚れや古くなった皮脂を落とすことはもちろんですが、
油分や皮脂は落としすぎてしまってはいけません。

素肌は角質層を守るために皮脂や油分が適度に表面を覆ってバリア機能を果たします。
それに、お肌が潤った状態を保つ為に水分の蒸発を防ぐ役割も果たしています。

洗浄力の強い洗顔料で洗うと、皮脂や油分を落としすぎてしまうことで、バリア機能が低下してまい乾燥しやすい状態に陥ってしまいますし、肌荒れやトラブルを引き起こす一因にもなってしまいます。

 

洗顔後すぐに十分な保湿ケアをしているのに、気がついたら乾燥してしまっていると感じている方は、
これらの理由で水分が蒸発しやすい状態になっている可能性が高いかもしれません。

スキンケアは、まず洗顔から見直すことが基本です。

 

実は私自身が、こういう状態でした。
乾燥しやすく、保湿することに気が行っていて洗顔後のケアを入念におこなっていましたが、
少し時間が経つとすぐに乾燥してくるのがわかるほど、酷い乾燥肌でした。

洗顔を変えてから、徐々にですが
潤いキープ力が増していきました。

私は全身が乾燥しやすいので、この考えでボディソープも洗浄力がマイルドなものに変えて、ナイロン製の身体を洗う専用のタオルを使うのも止めて、洗い過ぎないように心がけてからは秋や冬の乾燥する季節でも、ボディクリームの使用頻度が少なくなりました。

洗い過ぎないのって基本だと実感している一人です。

乾燥肌や敏感肌の方は特に、洗顔料から見直してみることがおすすめです。


カテゴリー:洗顔

タグ: |

↓↓ ご意見・ご感想は以下コメント欄よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。